トップページ > ご挨拶

ご挨拶

当社は日本郵政グループの一員として、2006年2月に旧日本郵政公社(現日本郵政グループ)と三菱UFJ信託銀行の合弁企業として設立され、皆さまのご支援のもと10周年を迎えることができました。

当社の主要な業務は、証券代行分野における招集通知等の株主総会関連資料や、投資信託・クレジットカード等の金融関連商品のご利用明細等、高い品質・セキュリティ、そして大量処理能力が求められる分野の封入・封緘で、年間2億通の郵便物を取扱っています。

東京、横浜、大阪の3拠点を中核に、1日最大200万通の機械封入・封緘ラインをはじめ、データ処理や大量の宛名処理を行うプリントセンター、お客さまのエリアマーケティングに対応したきめ細かい企画・デザイン、ラッピングやロジスティクス等も取扱う「企画・デザイン」から「データ処理」、「印刷」、「封入・封緘・差出」までを一括して手がけるトータルサービスをお客さまにご提供しています。

日本郵政グループとしての「郵便のノウハウ」と、三菱UFJ信託銀行の証券代行業務で培ってきた高品質・高セキュリティに裏づけされた「印刷・封入・発送のノウハウ」の強みを活かし、お客さま一人ひとりのお役に立つベストパートナー企業として、広く社会に貢献できる企業を目指してまいります。

これまで以上にお客さまにご満足いただけますよう、社員一同心を新たにし、サービスを提供していく所存でございますので、今後とも変わらずJPビズメールをよろしくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。

JPビズメール株式会社 代表取締役 長尾 俊昭